成人矯正治療の流れ

初診相談(無料)

初診相談(無料)

患者様が何にお困りで、どんな風になりたいか、治療期間や装置のこと、治療費や通院回数など、ゆっくりと時間をかけてお伺いいたします。

STEP1
STEP2
精密検査

精密検査

診断に必要な精密検査を行います。(x線写真、模型、写真、問診など)

しっかりと現状を把握し、綿密な計算と計画を立案いたします。

診断・治療説明

診断・治療説明

検査結果をもとに、治療方法、期間、費用などを丁寧にご説明致します。

STEP3
STEP4
治療開始

治療開始

クリーニングを行った後、実際に装置の装着を行い、定期的に通院いただき装置の調整を行います。

装置をつけると、お手入れしにくい部分ができる場合があります。

矯正治療中にむし歯や歯周病などお口の健康を害さないよう、歯みがき指導やクリーニングを定期的に行います。

装置の作製

装置の作製

歯の移動が完了し、装置を外します。

しかし、移動したばかりの歯は動きやすく、数年間はその位置に固定させ定着させます。

STEP5
STEP6
保定期間

保定期間

保定装置を装着し、数か月に一度通院していただき経過を見守ります。

矯正治療終了

矯正治療終了

歯の安定を確認してから全ての矯正治療が終了します。

STEP7

オプション矯正について

スタンダードな矯正に加え、様々なオプション矯正治療をご用意しております。スタンダードな矯正治療は表側に装置が装着されるため多少目立ちますが、目立たない矯正治療もオプションにてご提供できます。

小児矯正治療の流れ

1期治療

小児矯正は、1期治療と2期治療から成り立っており、1期治療は2期治療を楽にして助けるための治療です。

1期治療

1期治療

  • 成長を利用し上下の顎の関係を改善
  • 歯列や顎の成長発育を阻害する因子を取り除く
  • 永久歯の生える隙間を獲得し永久歯列期における非抜歯治療への誘導(歯が並ぶためのスペースを確保する為顎の骨を広げていきます)
  • 抜歯治療が必要であれば早期から永久歯抜歯を行うことも
STEP1
STEP2
1期治療から2期治療へ移行期

1期治療から2期治療へ移行期

1期治療では「着脱式」や「固定式」の矯正装置を使用します。状況によっては成長を待つために何も装着せず、3カ月に1回の定期検診になる場合もあります。

再検査・再診断

再検査・再診断

全ての歯が永久歯へ生え変わったら、最後の仕上げの2期治療の為の再検査と再診断を行います。

1期治療の効果によっては再審査の結果、2期治療が不要と診断されることもあります。多くの場合は2期治療へ移行します。

STEP3

2期治療

すべての乳歯が永久歯に生え変わってから行う治療です。2期治療の期間は通常の大人の矯正よりもかなり短期間で行うことが出来ます。

2期治療

2期治療

全体的な治療をし、機能的にも審美的にも良好な永久歯の咬合を目指します。

一般的に大人の矯正と同様にワイヤーを用いた装置を使用することが多いです。

STEP1
STEP2
保定期間

保定期間

矯正治療で動いた歯を顎の骨と安定させる治療です。

当医院では2年間の保定治療を行いますが、通院期間は3カ月~半年と長いスパンでの通院となります。

オプション矯正として目立たない矯正器具(リンガル矯正やクリアマウスピース矯正等)を使用することも可能ですが、適応症例が限られるため希望があっても検査結果の適応外の可能性があります。

定期検診・クリーニング

定期検診・クリーニング

2年間の保定治療を持って矯正治療は終了です。今後は、むし歯のチェック等の定期検診やクリーニングへと切り替わります。

獲得した歯並びで歯の健康を一生ものにしましょう。

STEP3