自分の歯と変わらない使い心地を

インプラントとは、骨と融合しやすいチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、人工歯根の先端に義歯を装着する治療法です。

人工歯根が骨と融合し、しっかりと歯を支えるので、ぐらつきや浮つき、ワイヤーなどがお口に当たることもなく、自分の歯と同じように「第二の永久歯」として噛むことができます。

当院では35年前からインプラントを導入し、その経験と実績、安心、安全、かつ長持ちするインプラント治療を行っています。

安心安全なインプラント治療のために

歯科用CT

歯科用CTを完備

歯科用CTを導入しています。歯科用CTは顎の骨の3次元情報を得ることができます。 歯科用CTを使用することにより、インプラント、顎のう胞、埋伏智歯などの情報を正確に診査することができます。
sec02_poi1

POI system

当院では、国内のトップシェアメーカーである、京セラデンタルネットのPOIインプラントを使用しています。 従来のインプラントに比べ、骨と結合する期間が短い特徴があります。

サージカルガイドシステム

インプラント埋入時には、インプラントを埋め込む位置や方向をガイドする、サージカルガイドシステムを使用し、安全で確実なインプラント治療を行います。

インプラント治療の流れ

インプラント治療は、土台となる人工歯根を歯ぐきに埋め込む第一手術、人工歯根が骨との結合を待つ治癒期間、しっかりと融合したインプラントの上に義歯を装着する第二手術の大きく分けて3つの段階を経て行われます。

カウンセリング

カウンセリング

まず、カウンセリングを行い、患者様のお話をゆっくりお伺いいたします。

その後、レントゲンやCTの撮影、お口の状態の確認・検査を行って、より的確なインプラントの治療計画を立案します。

STEP1
STEP2
サージカルガイドシステム

サージカルガイドシステム

歯型の採取を行い、プラスチックでサージカルステントを作製します。

サージカルステントを用いることで、インプラントの埋入位置や方向を正確にはかることができます。

インプラントを埋入

インプラントを埋入

インプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込みます。

インプラント(人工歯根)が顎の骨にしっかりと結合するまで約3カ月~6か月、時間を置きます。

STEP3
STEP4
人工歯の作製と装着

人工歯の作製と装着

インプラントが顎の骨と結合し、しっかりと土台ができたら、被せ物(人工歯)の型どりを行います。歯肉を切開し、インプラントの頭の部分に天然の歯と見分けのつかない人工歯をアバッチメントに装着すれば完成です。

約1か月半で切開した歯肉が正常に回復してきます。

メインテナンス

メインテナンス

インプラントは良い口腔環境や状態を保てれば10年以上正常に機能できます。過去には40年以上も長持ちさせたケースもあります。

日常のお手入れや歯周病対策、定期的なメインテナンスを行ってください。

STEP5

料金表

  • 手術(1回) 150,000円
  • かぶせ物(1歯) 170,000円

価格は税抜き表示です。