自信に満ち溢れる笑顔を

誰かと時間をともに過ごす際、お口元は瞬きと同じくらい頻繁に動き、瞬き以上に大きく形を変え、大変注目を集める部位です。

キレイな白い歯や、若々しいピンク色の歯茎は人に清潔感と誠実さを強く印象付けます。また、お口元に自信をもっていただくことで、作り出す表情も驚くほど前向きに美しくなっていきます。

歯や歯茎の色や形など、お口元にコンプレックスのある方や、結婚式や面接など、大切な日をお迎えの方も、是非ご検討ください。

ホワイトニング

近年、日本でも歯のホワイトニングが身近なものになり、歯の「白さ」が注目されるようになってきました。

色には人の心理に働きかける「色彩感情」という効果があります。赤なら情熱的、青なら冷静や落ち着き。「白」には清潔、潔さ、美しさ、純粋さという効果があるのです。「白」の効果を味方に素敵な笑顔を手に入れてください。

当院ではご自宅で気軽に行っていただけるホームホワイトニングをお勧めしております。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングは大きく分けると2種類あります。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、歯科医師の指導の下、ご自宅にて行うホームホワイトニングです。患者様のライフスタイルに合わせて治療方法をお選びいただけます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニングを指します。ホワイトニングジェルを歯に塗布し、専用の機器で特殊な光を照射して、歯を一気に 白くします。ホームホワイトニングよりも強い薬剤を用いて治療するため、個人差はありますがその日のうちに効果を実感できます。
即効性がある反面、持続期間がホームホワイトニングよりも短くなってしまう点がデメリットといえます。

ホームホワイトニング

厚生労働省認可で、世界で最もシェア率の高いナイトエクセル、オパールエッセンスをカウンセリングにより、最も患者さまに適したメーカー、濃度のものを使用します。
ご自宅で使用し、徐々に白くしていくものなので、当院ではオフィスホワイトニングと併用することをお勧めしています。
併用することで、より長く白く美しい歯を保つことができます。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた、「デュアルホワイトニング」と呼ばれる方法もございます。
最も早くケアを終えることができ、即効性も高いので、時間のない方におすすめです。

ホワイトニングQ&A

個人差はありますが、薬剤の刺激でしみてしまう方がいらっしゃいます。

これはホワイトニング剤による一時的なもので、多くの場合は24時間以内に治まります。この「しみるような感覚」は、歯そのものに全く影響はございませんのでご安心ください。

※ただし、ホワイトニング中に明らかに異常がみられる場合など、心配なことがございましたら、早めに歯科医師までご相談ください。

1989年、アメリカにて実用化されたホワイトニングは、20年以上経過した現在まで大きな問題が報告されることもなく、世界中の安全機関により安全性が確認されています。歯科医師の指導の下、注意事項を守って治療を受けてください。

ホワイトニングを行う歯に虫歯がある場合は、虫歯の治療をしてからホワイトニングを行います。

変色した歯のほとんどは、ホワイトニングで白い歯によみがえります。しかし変色の原因・歯の状態によっては、効果が期待できない場合もございます。当院では、治療の前にホワイトニングに適した状態であるかどうか検査させていただきます。

ほとんどの方には問題なく治療できます。しかし、妊娠中・授乳中の方、知覚過敏のひどい方(歯がしみやすい方)、重い歯周病の方、歯が発達していないお子様には、治療をしておりません。

治療を検討中の方には、事前にカウンセリングを行い、治療可能かどうかを検査させていただきます。

1回ずつの料金システムで、1回¥15,000(税抜き)という低料金を実現しています。
1回でも効果を実感していただけますが、ご本人の希望や後戻り防止のため2~3回来院していただくことが多いです。
患者さま1人1人に合わせたお得なセットメニューもご用意しております。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

ホワイトニングの効果は、残念ながら半永久的なものではありません。
ホワイトニングの持続期間は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングによって異なります。また、患者様の歯の性質や生活習慣によっても変わってきます。
目安として、オフィスホワイトニングの持続期間は約3ヶ月~10ヶ月、ホームホワイトニングの持続期間は約1~2年といわれています。

生活習慣に気をつけることで、ホワイトニングの効果をより長く持続させることができます。
歯の変色は、コーヒー・紅茶・赤ワイン・カレーなどに含まれる色素や、タバコのヤニなどが原因となります。
そのため、これらの食品やタバコを多く摂取されている方は、少し控えるようにしてください。
また、お肌や髪のお手入れと同じように、定期的なメンテナンスが大切です。歯科医院で定期的なクリーニングや色のチェックを受けてください。

セラミック治療

歯科治療に使用される詰め物や被せ物の素材はさまざまあります。保険適用の銀歯や、体との親和性の高い金歯、そして、現在もっとも自然な仕上がりを再現できる素材がセラミックなのです。

セラミックはお皿やコップのような陶器と同じ素材です。そのため汚れや臭いがつきにくく、経年による劣化での色の変化も少ない素材で、天然の歯のような透明感とグラデーションも再現できます。

しかし、強度を増した歯科専用の素材ではありますが、陶器性のため、噛みしめや歯ぎしりなどのある方の場合、欠けや割れが生じてしまう可能性があります。

オールセラミック

金属をいっさい使用せずに、すべてをセラミック素材で治療する方法です。

オールセラミックの透明感が出やすく、一番審美性が発揮される治療法です。金属を一切使用しないため、金属にアレルギーのある方も安心してお使いいただけます。

ハイブリットセラミック

ハイブリットセラミックとは、セラミックと歯科用のプラスチックを混ぜ合わせた素材です。

セラミックだけよりも柔らかく、自然な摩耗をしてくれるので、ご自分の歯を傷めることがありません。また、奥歯に用いても欠けや割れの心配がありません。

ジルコニアセラミック冠

ジルコニアは金属よりも硬く、天然ダイヤモンドにつぐモース硬度があります。曲げ強度、応圧に優れ、極めて破損を起こしにくいセラミックです。

光の透過性が高いため、透明感のある審美的に優れた歯を作れます。強度を補う金属の裏打ちの必要がないため、透明感を最大限に生かせます。生体親和性が高く、体に優しい歯科材料です。金属アレルギーを起こさないメタルフリーで、強度としなやかさ、美しさを兼ね備えたかぶせ物です。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、前歯の欠けや隙間が気になる方におすすめしている治療法です。付け爪をイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。
接着しやすいよう、歯の表面を薄く削り、セラミックを表面に重ねるように薄くはりつけることでお好みの色や形を再現します。
歯を削る量が少なく、短時間で治療することができます。