小児矯正で口元に黄金バランスを

お子様へのかけがえの無いプレゼント
kids-fig03

体の成長と共に、お口も変化をしています。お子様の矯正は、広がる顎やお口の成長を味方に、大人の矯正よりも痛みも少なく、短期間で行うことができます。

お子様の矯正は生え変わりを基準にⅠ期とⅡ期の2つの期間に分けられ、Ⅰ期は乳歯の時期~永久歯が生えそろうまでの期間(6歳~10歳)に治療を行いお口の土台作りをすることで、永久歯が適切に生えそろうこともあります。改善には個人差があるので、必要な場合には永久歯が生えそろってからⅡ期の治療に移行します。

小児矯正は「お子様が装置を使用できる年齢ならばできるだけ早く」おすすめいたします。

大人の矯正治療とは何が違うの?

不正咬合は、どのような年齢でも治すことができます。そして大人でも子供でも最終的には永久歯の綺麗な噛み合わせを目指します。

子供(乳歯が残っている時期)の矯正治療と成人矯正の一番の違いは、成長を利用した矯正治療ができるという点です。例えば、歯が生える土台となっている顎の骨の上下がずれていた場合成長の無い大人はそのずれを治すために顎を切る手術をしなければなりませんが、子供の場合は成長を利用して顎のバランスを整えるため、バランスの整った土台の上で歯をかみ合わせることが可能です。

治療期間としては長いお付き合いになりますが、より理想的なゴールに到達できるのが特徴です。

dental

小児矯正の8個のメリット

6歳臼歯を見つけたら歯医者さんへ

下の前歯二本を「1」として、左右に1つずつ数えて「6」番目の歯は生涯にわたって、非常に大切な歯で、一番初めに生えてくる永久歯のため「6歳臼歯」とも呼ばれます。噛み合わせは、正面から見ただけでなく、第6番目のかみ合わせの様子によっても状況が異なってきます。

6歳臼歯はその生え方によって、将来の歯並びがどのようになっていくかを予測する非常に大切な歯です。

正常な噛み合わせ

正常な噛み合わせ

上の6番目の歯の近心咬頭が、下の6番目の歯の溝に噛みこむ。(classⅠ) 他に大きなガタガタが無ければ、側方歯は1歯対2歯で噛み合い前歯も出っ歯にならない。 (上も下も前に出ている可能性はある)
3.5mm以上のズレ

出っ歯になる傾向3.5㎜以上のズレの場合

上下の6番目の歯の噛み合わせに約3.5㎜以上のズレ(End on ClassⅡ) 他に大きなガタガタが無ければ、側方歯は1歯対1歯で噛み合い、前歯は出っ歯になる。
5.5㎜以上のズレ

出っ歯になる傾向5.5㎜以上のズレの場合

上下の6番目の歯の噛み合わせに約5.5㎜のズレ(Full step ClassⅡ) 他に大きなガタガタが無ければ、側方歯は1歯対2歯で噛み合い、前歯は大きな出っ歯になる。
受け口になる傾向

受け口になる傾向

上下の6番目の歯の噛み合わせがClassⅡとは逆方向へズレている。(ClassⅢ) 受け口傾向の噛み合わせ。

お口の環境や機能を育みましょう

お子様のお口の環境や機能を積極的に見守っていくことを口腔育成と言います。

歯並びによっては空気が漏れてしまい、正しい発音がしにくい場合もあります。また、姿勢を整えたり、運動を行う際にも正しい噛み合わせが重要になってきます。成長期には、体だけでなく、言葉、運動能力、筋力、集中力、免疫力、脳の発達など様々なことが成長するので、成長期のお子様にとってお口は非常に重要な器官です。

お子様の舌の位置について

口の中で舌が上顎を押し上げる力を使って、上顎は下顎よりも広く発達し正常な歯並びが作られます。

舌の位置が下顎にそってしまうと、下顎が上顎よりも広く発達してしまいますし、上顎にそっていても、舌先で上前歯を押してしまうと出っ歯になってしまいます。また、前歯の間に舌を挟む癖のあるお子様の場合、前歯と前歯の間に隙間出来てしまいます。

kids-fig02
preorutho

プレオルソ

プレオルソは6歳~10歳の永久歯に生えそろう前のお子さまを対象にしているポリウレタン製の柔らかな素材のマウスピースです。日中1時間と就寝時に着用することでお口周りの筋肉を鍛え、口呼吸の改善や舌の位置を正常な場所に誘導します。

型どりの必要がなく、手軽なお値段で始められるのも魅力の一つです。