16
一般的な保険治療で製作できる合成樹脂の入れ歯です。 「レジン」と呼ばれるピンク色のプラスチックに似た素材を歯ぐきの代わりにし、人工の歯を並べて作製します。 金属より劣りますが、料金は比較的安価で破損時の修理も簡単です。 金属アレルギーの方にもお使いいただけます。 保険適用のプラスチック素材では、噛む力に耐えるために、厚みを持たせる必要があります。 入れ歯の厚みのため、口の中が狭くなり、喋りにくい、食べにくい場合があります。 また、プラスチックは熱を伝えにくいので、大きく上顎を覆う総入れ歯の場合、食事の温度があまり感じられないという点もあります。