17
クラスプとは残っている歯に、入れ歯を固定するために付けられている留め具を指します。 クラスプ義歯とは、クラスプによって入れ歯を固定するタイプの入れ歯です。 人工歯と歯ぐきに当たる床部分をレジンで作製し、金属の留め具(クラスプ)で作製した場合、保険が適応され、費用負担が少ないメリットがあります。 クラスプ部分が金属のため、見た目にも入れ歯とわかってしまったり、スクラプが舌の動きの邪魔になる場合や、支えとなる健康な歯に負担がかかりやすいというデメリットもあります。